こんにちは!常川です。

 

さて、今日は、

 

先日書いた「アトピーの原因」に続き、

 

同じく皮膚の疾患である「乾癬(カンセン)」について

 

脳科学×心理学の観点から原因を読み解いていきましょう。

 

 

その前に、この病気の原因の読み解きシリーズの注意として、

 

医療的なアドバイスを目的とはしていません。あくまで「脳科学×心理学の観点からの健康情報」として書いています。

 

科学や医学で証明できないことは信じないという方は、この先は絶対に読まないでくださいね♪

 

また、疾患についてはご自身で判断なさらず、必ず専門医にご相談くださいね^^

 

 

では、堅い話はこんなもんにして、

 

早速内容に入っていきましょう!

 

まず、乾癬(かんせん)というと、

 

先日モデルの道端アンジェリカさんが公表して、

 

「初めて名前を知った」という人も多いと思いますので、

 

まず簡単にご説明しましょう。

 

ネット上にある、専門医のサイトなどを参照すると、

 

鱗屑(りんせつ)とよばれる白色のフケのようなものが皮膚に付着し、

 

ポロポロとはがれ落ちる皮膚の病気で、

 

国内の患者数は10万人(1,000人に1人)だそうです(驚)

 

そして、原因は「よくわからない」そうです。

 

※より詳しくは専門医のサイトでチェックしてくださいね。

 

意外と多くの人が悩んでいる皮膚の疾患なんですね。

 

原因が不明なので、現代医療では治すことができず、

 

症状をコントロールしながら上手く付き合っていきましょう

 

というのが一般的な見解みたいです。

 

 

さて、乾癬(かんせん)について理解が進んだところで、

 

本題の、脳科学×心理学の観点から「乾癬の原因」を紐解いていきましょう。

 

皮膚の疾患ということで、アトピーと同じように、

 

「外部と自分との関係」に原因があると推測されます。

 

アメリカの著名なヒーラー、ルイーズ・L・ヘイの著書「All IS WELL」によると、

 

乾癬(かんせん)・・・傷つくのを恐れる。自分に対して無感覚。自分の感情に対する責任を拒否。

 

他の人から傷つけられることを恐れたり、

 

自分自身の感情に責任を負うことを拒否している可能性がある。

 

 

とあります。

 

私の、実際のセッションでは、このようなことを参考に、

 

的を絞って原因を洗い出して、解消するというステップを丁寧に繰り返していきます。

 

ちなみに、脳科学×心理学の観点からのアプローチは治療ではありませんので、

 

病院での治療は続けたままで、医療とは別の切り口からもアプローチするというだけです。

 

身体には何もせず、ただ会話(カウンセリング)をするだけですので、リスクは一切ありません。

 

なので、もしあなたがご自身で潜在的な原因にアプローチされる場合は、

 

病院での治療は今まで通り続けながら、実行することが望ましいです^^

 

その方が、周りの理解も得られやすいですしね。

 

話を本題に戻すと、

 

ここから推測できるのは、

 

やはり、自分と他者、

 

もしくは、自分と外部

 

との関係にキーポイントがありそうです。

 

例えば、他者から傷つけられるのを恐れている場合は、

 

恐らく、幼少期などの過去に

 

「他者から傷つけられた経験」などがある可能性が高いです。

 

その記憶についている間違った”解釈”や

 

不快な”感覚”を、解消することで、

 

自然と皮膚が本来の健康状態を取りもどしていくでしょう。

 

 

女性では10代の発症が多いらしいのですが、

 

必ずしも発症の直前に「原因となる体験」があるとは限りません。

 

多くのケースでは、もっと以前に「種」がまかれ、

 

あることがキッカケで引き金になり、

 

「種」が発芽するということが起こっています。

 

幼少期に創られた「種」をほっておくと、

 

ある時に「病気」になるというのは、

 

どんな疾患や症状でも、本当によくあるパターンです。

 

 

とにかく、「乾癬(カンセン)」であろうと、

 

「アトピー」であろうと、

 

自分と外部との関係性の摩擦から、

 

自らが創り出した「皮膚の状態」ですので、

 

その直接的な原因を解消すれば、

 

自分自身で「やめることができる」

 

ということを忘れないでください^^

 

 

ちょっと、ついでに、

 

その他の皮膚の疾患を創る心理的な要因も

 

紹介してお別れとしましょう。

 

 

にきび・・・自分を受け入れられない。自己嫌悪。

 

じんましん・・・小さな困難などを大げさに考える。

 

発疹・・・苛立ちに関係。

 

 

にきびが思春期に多いのも頷けますね^^

 

私も、中学生の頃に、自分に自信がなくて、自己嫌悪から「にきび」をやっていました。

 

高校に入ってから自信がつくと、綺麗に消えたという経験からも納得です。

 

皆さんはいかがですか?

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

健康を取り戻すための、

より詳しい「脳の仕組み」

下記のページで無料公開しています。

 

ご自身で健康をとりもどしたいという人は、

試してみるといいかもしれませんね。

 

期間限定なので、

この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

→詳しくはこちら

 

※こちらのページでお伝えしている内容は、健康でいるための「心のケア情報」です。医療的なアドバイスでありません。