こんにちは!常川です。

 

今日も、あなたが「病気をやめる」ためのヒントをお伝えしていきますね。

 

さて、数日ぶりの更新です。

 

じつは、数日前より仕事でドイツに来ています^^

 

少し日本よりは寒いですが、

 

暖房設備が整っているので、とても快適にすごしています。

 

さて、昨晩ドイツ人の友人たち数名と

夕食を食べてていた時に、

 

「ドイツ人は日本人と似ている」

 

ということで話が盛り上がりました。

 

それは、真面目に働く姿勢であったり、

 

クオリティの高いプロダクトを生産する点であったり、

 

そのなかで、興味深いなぁと思ったのが、

 

「ドイツ人はあまり幸せそうに見えない」

 

と友人のひとりが言っていました。

 

私は、びっくりして「どうしてそう思うの?」と聞き返してみたら、

 

そのドイツ人の友人はこう言いました・・・

 

多くの人は、近所の車のグレードや家の広さなどを競い合って、

 

そのために「お金」に人生の重点を置きすぎている。

 

これは日本もドイツも似ているなぁと感じました。

 

さらに、「イタリア人なんかはどう思う?」と聞いてみると・・・

 

「彼らは経済的にはドイツ人より豊かではないけど、僕たちドイツ人よりも幸せそうに思う」

 

「なぜなら、余計なことを考えるよりも、人生を楽しむことをしているからね」

 

と言っていました。

 

これを聞いて、すごーく納得がいきました。

 

そして、これは病気をやめる上でも大切だなぁと思って、

 

この記事を書いています^^

 

このイタリア人とドイツ人の“幸せ度”の違いはどこからくるのでしょうか?

 

もうお分かりだと思いますが、

 

それは・・・

 

「幸せの基準を、他人との比較で決めているか?」

 

それとも、

 

「自分自身で決めているか?」

 

この違いなのです。

 

誰かと比べて「幸せ」になることを基準にしてしまうと、

 

当然ですが、うまくいくはずはありません。

 

そして、残念ながら永遠に満たされることはありません。

 

なぜなら、自分より経済的に豊かだと感じる人はいくらでもいるからです。

 

どうしても「隣の芝は青く見える」というのもありますしね^^

 

でも、誰かと比べることをやめて、

 

自分自身を基準にしてしまえばどうでしょう?

 

幸せになることは、あまりにも簡単ですよね?

 

だって、「私は幸せだ」と決めた瞬間に「幸せ」になるからです。

 

例えば、

 

「健康で暮らせることが幸せ」

 

「家族と当たり前の日常を過ごすことが幸せ」

 

「趣味の●●をすることが幸せ」

 

といった感じで、他人との比較ではなく、

 

自分自身を基準にすると、

 

「あ、すでに自分は幸せだったんだ!」

 

と気づくこともできますね。

 

そう、「幸せ」とは、

 

なるものではなく、

 

“気づくもの”なんですね。

 

ひすいこうたろう氏もこう言っていました^^

 

ということで、

 

他人と比べて、

 

「私は、幸せじゃない」

 

「私は、不幸だ」

 

と言い続けて“病気”を続けるのも自由、

 

「私は、すでに幸せだったんだ!」

 

と気づいて病気をやめるのも自由、

 

「幸せ」すらも自分で自由に選択することが可能なのです。

 

さぁ、今日も自由自在に未来をデザインしていきましょう^^

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

健康を取り戻すための、

より詳しい「脳の仕組み」

下記のページで無料公開しています。

 

ご自身で健康をとりもどしたいという人は、

試してみるといいかもしれませんね。

 

期間限定なので、

この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

→詳しくはこちら

 

※こちらのページでお伝えしている内容は、健康でいるための「心のケア情報」です。医療的なアドバイスでありません。