TUNE代表  常川 弘樹 (つねかわ ひろき)


■言葉(心理技術)と音で病気をやめさせる専門家

■過去に、再発率数パーセントの病気を何度も繰り返した経験から、健康問題を抱える人に対して”丁寧”かつ”効果的”な提案が可能。

■施術家・カウンセラーとして国内で2000人以上の健康をサポート、海外(ドイツ)でも現地のクリニックにて100人以上に技術を提供した経験をもつ

■海外(ドイツ)で、医療従事者(医師・HP)向けのセミナー講師を務め30人以上の施術者の育成に従事

■上記の経験から、最短3ヶ月で健康を取りもどした”その先”で「思い描く人生」を自由に生きることをサポートする独自のプログラムを開発

■イーマサウンド生体振動調律師・インストラクター

 

 

Mission (理念)

私どものプログラムを通じて、一人でも多くの人が健康を取りもどし『本来のじぶん』を生きること、
そして、”その先”にある、その人だけの世界を創造(デザイン)していくためのサポート

そんなサポートを通じて、人と社会の成長に貢献し続けることです。

私が、このMission(理念)の”その先”で得たいことは、「より良い世界を、未来を担う子供たちに受け渡すこと」です。
これらを実現するために、サービスやプログラムの開発と提供に日々取り組んでいます。

ストーリー

幼少の頃からボーイスカウト活動に打ち込んでいたので、体力にも自信のある健康優良児だった私なのですが、

高校生の時に突然の、強い胸の痛みに襲われ、病院を受診すると・・・

「肺気胸」という肺に穴があく病気で、緊急入院することとなりました。

そして、手術を受けて「よし、治った!」と思ったのもつかの間、

「再発⇒手術⇒再発⇒手術⇒再発⇒手術」

と、25歳までに計6回の入院と、4回の全身麻酔による手術を経験しました。

それも、手術後の再発率は、わずか数パーセントという稀なケースに、

何度もヒットするという「宝くじ高額当選級」の珍しい体験をしました。

この強烈な経験により「健康」に強い関心を持ち始めました。

そして、4年半の海外生活ののち、「一人でも多くの人に健康で暮らしてほしい」という思いの元、

兵庫県でセラピストとしても活動をスタートさせました。

私のセラピストとしての活動は、国内にとどまらず、

ヨーロッパでの施術者の育成に関わったりと、

予想を上回るペースで様々な経験を積むことが出来ました。

しかし、そんな順調な施術家としてのキャリアとは裏腹に、

私の中で大きくなっていく「一つの疑問」がありました。

それは、

私の施術を受けて、みるみる健康を取り戻される人が多数いる一方・・・

思ったような変化がでなかった人もいたのです。

「効果がでる人」と「効果が出ない人」がいるのは、当たり前かもしれません。

それは仕方ないのかもしれません。

でも、私は、それならそれで「なぜ、効果がでない人がいるのか?」を知りたかったのです。

そんな疑問を抱きながら、悶々とした日々を過ごしていたところに、、

現在、私が提供している脳科学・心理学・言語学を合わせたカウンセリング・コーチング(心理技術)との出会いが訪れました。

そこで、学んだ内容が、私が今まで抱えていた「一つの疑問」を解決したのです!

「効果がでる人」と「効果がでない人」の違いが明確になったおかげで、

施術の質が劇的に向上したのをを実感しました。

そして、一番驚いたのが・・・

私自身が、プライベートで抱えていた悩みや疑問も自然と解決していったことです。

やはり、「健康の悩み」も「人間関係の悩み」も「ビジネスやお金の悩み」も、

すべて根源は同じということを、自分自身の体験、

そしてクライアントさんをサポートした経験から強く感じました。

では、「この技術を、今まで私が国内外で培ってきた技術と合わせたら?」

それは、まさに私が本当に提供したかった《価値》である、

「願望や悩みを超えた”その先”を自由にデザインすること」

これが、可能になる!

こうして、私は、現在のプログラムを通じて、日々、実践と研究に明け暮れています。

「どうすれば、目の前の現実を自由にデザインすることができるのか?」

これが、私が人生をかけて探求したい「問い」です。

もし、ご縁がありましたら、私と一緒にこの「問い」の「答え」を探す旅にでましょう!

最後まで、お付き合いいただき誠にありがとうございました。