こんにちは!

 

自己免疫疾患・膠原病・ガンなどの

 

「もう健康にはなれない・・・」と諦めかけた人が

 

「最短90日で病気をやめた”その先”で、”本当のじぶん”を生きる」

 

言葉(心理技術)と音で「病人をやめさせる専門家」常川 弘樹です。

 

今日も、あなたが「病気をやめる」ためのヒントをお伝えしていきますね。

 

さて、突然ですが、あなたは・・・

 

==================

”幼い頃に満たされなかった想い”が、

 

現在のあなたが抱える、

 

病気を引き起こしている。

==================

と聞いたら驚かれますか?

 

「そんな過去の出来事が関係しているわけないでしょ」

 

と思われたかもしれません。

 

でも、じつは、関係大ありあなんです。

 

そして、健康を取りもどすには、

 

そこを解消する必要がある!

 

という人がと~っても多いんです。

 

では、

 

どういうことか説明していきますね。

 

このブログではいつも言っていることですが・・・

 

じつは、あなたが普段、

 

何かを考えたり、行動したりするときに、

 

意識してしていることは

 

わずか10%未満しかありません。

 

そして、

 

残りの90%以上は”無意識”に行っています。

 

そして、その”無意識”の領域に、

 

書かれていることが、

 

あなたの目の前の現実を創っているのですが・・・

 

では、もし、

 

その90%以上をしめる”無意識”の領域に

 

何かが満たされていないという

 

「欠乏感」があると、どうなるでしょうか?

 

はい、答えは簡単ですね。

 

24時間、無意識の内に、

 

その”足りない何か”を満たそうと行動してしまいます。

 

これは意識(顕在意識)には上がってきませんので、

 

通常、本人は気づきません。

 

そして、ここからが問題なのですが、

 

その”足りない何か”を満たそうとすればするほど、

 

「満たされない感(欠乏感)」が強化されてしまうという

 

悪循環に陥ってしまうのです。

 

いやぁ、恐ろしいですね(._.)

 

でも、私も含め、ほとんどの人が、

 

何かしらの”欠乏感”を抱えているのです。

 

そして・・・

 

満たされてないから、それを取りもどそう

 

と必死に行動している状態では

 

「本当の自分」の人生を生きていませんので、

 

病気が発生してしまうということが起きてしまいます。

 

もちろん、病気以外にも、

 

人間関係の悩みであったり、

 

お金の悩みであったり、

 

様々な形で、現実に投影されるのです。

 

もし、あなたが「健康」「お金」「人間関係」で

 

何か悩みを抱えているのであれば、

 

この「欠乏感」が原因かもしれません。

 

そして、ここで重要なのが、

 

過去の自分が感じた「何かが足りない」という思いが、

 

今の自分にとって「本当に足りない」

 

かどうかは関係ないということです。

 

つまり・・・

 

================================

人は過去に満たされなかった

 

無意識の欲求を満たすために、

 

今は必要ないないはずのものを求め続けてしまう。

===============================

 

ということです。

 

 

では、”幼い頃に満たされなかった想い”というのは、

 

どのようなものがあるのでしょうか?

 

それは、例えば・・・

 

「愛情が足りなかった」

 

「もっと、両親に愛されたかった」

 

などの、”愛された感”がなかったという想いもその一つです。

 

ここでまた重要なのが、

 

実際に、

 

「愛されていた」

 

「愛されていなかった」

 

は関係ありません。

 

その本人が、どう”解釈”したかです。

 

一般的に見れば、愛情を注がれた子供でも、

 

本人が「愛情が不足していた」と感じたら、

 

残念ながら、「欠乏感」を無意識に抱えてしまいます。

 

”真実”と”解釈”は別物です。

 

そして、

 

”愛された感”がなかったという想いを、

 

無意識に抱えたまま成長すると、

 

大人になってからも、

 

「人から愛されよう」と行動してしまいます。

 

それだけ聞くと良いことにも思えますが、

 

その裏には「自分には愛情が足らない」

 

という”欠乏感”が付きまとっているので、

 

本人はとても苦しいというのが本当のとこです。

 

簡単に言うと、動機が不純ということですね。

 

そして、ここからがポイントなのですが、

 

無意識(潜在意識)は、良い悪いにかかわらず、

 

「自分には愛情が足らない」という思い込みを、

 

24時間、無意識の内に現実化しようと、

 

動き出してしまうのです。

 

つまり、「私は愛情の不足した人」

 

と感じさせる現実を創りだしてしまうのです。

 

そして、みごとに、

 

愛情が足らない(と感じる)人生を

 

生きてしまうことになるのです。

 

そんな人生を生きている人が、

 

健康でいられるでしょうか?

 

恋愛が上手くいくでしょうか?

 

人間関係が上手くいくでしょうか?

 

かなり難しいことが予想できますね。

 

では、どのようにして、

 

「満たされない想い」を解消していけばよいでしょうか?

 

今日は、少し長くなりましたので、

 

また別の機会にお伝えしますね^^

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

まだ、今だけ無料のメール講座を受け取っていない人は、

 

下記からワンクリックで、通常有料のセッションでしか公開していない貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

メール講座・最短90日で「病人をやめる」ための
“具体的”で再現性の高い「5つのステップ」を受け取る

メルマガ