こんにちは!

 

自己免疫疾患・膠原病・ガンなどの

 

「もう健康にはなれない・・・」と諦めかけた人が

 

「最短90日で病気をやめた”その先”で、”本当のじぶん”を生きる」

 

言葉(心理技術)と音で「病人をやめさせる専門家」常川 弘樹です。

少し雨模様のここ神戸市です^^

 

あなたはどんな一日をすごされますか?

 

さて、

 

突然ですが、

 

あなたは一日に何回、時計を見ますか?

 

「え、そんなの数えたことない・・・」

 

ですよね。

 

でも、おそらく何十回も現在時刻を確認する

 

という人がほとんどじゃないでしょうか?

 

原始時代ならともかく、

 

現代人は分刻みのスケジュールで動いているので、

 

常に”時間”を気にしながら暮らしている人が

 

ほとんどでしょう^^

 

つまり、現代人は”時間”の影響を強く受けてしまっているんですね。

 

でも、実際に、肉体をもって地球上で暮らしている以上、

 

時間の影響は確実に受けてしまいますよね。

 

それは、仕方ないと思います。

 

でも、これだけ”時間”に支配されてしまうと、

 

すべてのことを時間軸を基準に判断してしまう

 

という弊害がでてきてしまいますよね。

 

例えば、

 

何かを身に着けるのに10年間かかる

 

と言われていることがあるとすれば、

 

多くの人は、10年間かけてやろうとします。

 

でも、それを1年未満でやってしまうことも可能ですよね?

 

前置きが、長くなりましたが、

 

ここから、今日伝えたいことを言いますね。

 

==========================

じつは、病気もこれと同じなのです。

==========================

 

どういうことかというと、

 

「完全に治るまで、一年はかかるだろう」

 

と初めに決めてしまうと、

 

本当はもっと早く治る可能性があっても、

 

そわざわざ治るスピードを抑えてでも、

 

しっかり一年かけて治そうとしてしまうのです。

 

「えー、ほんとに??」

 

と思われましたか?

 

では、

 

ちょっと、子供の頃の夏休みの宿題を

 

思い出してみてほしいのですが、

 

 

夏休みという長い期間があるので、

 

ついつい、ほったらかしにしたり、

 

毎日少しずつやったりと、

 

しっかり40日かけて終わらせたという経験はありませんか?

 

ちなみに、私はギリギリに駆け込みでやるタイプでした^^

 

でも、もし宿題の期限が5日しかなかったらどうでしょう?

 

初日から、全速力で取り掛かりますよね?

 

そうなんです。

 

病気もこれと同じで、

 

「○○ヶ月はかかるだろう」と

 

初めに決めてしまうと、

 

夏休みの宿題と同じで、

 

期限一杯を使ってしまうのです。

 

では、どうしたらよいと思いますか?

 

もうお分かりかも知れませんが、

 

単純に、

 

すぐに治ってもいいし、時間がかかってもいい。

 

「最適なスピードで治るだけ」

 

という感覚でいれば、

 

最適なタイミングで病気をやめることができます^^

 

例えば、こんな感じですね・・・

 

今、ガンのステージ3だけど、

 

来週には治ってるかもしれないし、

 

半年かかるかもしれない。

 

でも、どっちにしても最適なペースで治るんだ。

 

といった感じがベストですね^^

 

今日の内容を、まとめると、

 

あなたが病気をやめるとき、

 

「これぐらいはかかるだろう」

 

という”思い込み”はブレーキになるので、

 

そんなブレーキは離してしまいましょう^^

 

という話でした。

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

まだ、今だけ無料のメール講座を受け取っていない人は、

 

下記からワンクリックで、通常有料のセッションでしか公開していない貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

メール講座・最短90日で「病人をやめる」ための
“具体的”で再現性の高い「5つのステップ」を受け取る

メルマガ