こんにちは!常川です。

 

今日も、

健康を取りもどすうえで

ヒントになることをお伝えしていきますね。

 

さて、今日は私が以前に

海外に住んでいた頃の話をしようと思います。

 

私は、25才でオーストラリアに移住したのですが、

向こうでは飲食店の雇われ店長として働いていました。

今とは、全く違う職種ですね^^

 

じつは、そこでの働きっぷりが尋常ではありませんでした。

なんと、週に60時間も働いていたのです。

それも、とても忙しいお店で、

立ち止まる暇もなく動き続けていました。

 

「いやいや、60時間労働って別に特別じゃないよね・・・」

 

と思われたかもしれません^^

確かに、ここ日本ではそれ以上働いている人も大勢いますね。

ただ、オーストラリアでは、正社員は週35時間程度が基本なのです。

 

そして、皆、ゆる~く働いています。

(シドニーなどの大都会では話は少し違ってきます。)

人は、周りと比較して、自分の状況を判断しますので、

周りのオーストラリア人がゆるく、かつ裕福に暮らしている中、

奴隷(言い過ぎ)のように働くのは、かなりの苦痛なんです^^

 

自由なライフスタイルに憧れて

オーストラリアに移住したはずが、

日本で会社勤めをしていた頃よりも、

ガツガツと働いていた私ですが、

 

精神面はというと・・・

とても意外なことに、

全くの健康で、幸福度も高かったのです!

 

これが今日の重要なポイントなのですが・・・

ちなみに、なぜ私は、精神的に健康だったのだと思いますか?

 

職場でのストレスがなかったから?

 

たしかに、日本よりもストレスは少ないでしょうが、

時給が日本よりも数倍高いオーストラリアでは、

スタッフも雇いにくく、私の仕事量は、

異常なくらいの量をこなしていましたので、

ストレスは決して少なくありませんでした。

 

やりたいことをやっていたから?

 

たしかに、「オーストラリアに住む」という

やりたいことをやってはいましたが、

住んでしまえば、それが「当たり前」になってしまいますし、

仕事内容は、自分の理想とはかけ離れていましたので、

これも違いますね。

 

給料が高かったから?

 

たしかに、オーストラリアの給料は、

日本の相場と比べると、約1.5倍ほどなので、

日本でサラリーマンしていた時よりも

随分と多くもらっていましたが、

とくに使うあてもなく、贅沢するわけでもなかったので、

 

「給料減ってもいいから、勤務時間減らないかなぁ~」

とすら思っていましたので、

これも違いますね。

 

では、一体何で私は、長時間拘束にも関わらず、

幸福度が高かったのでしょうか?

 

それは・・・

 

============

目標を持って働いていた

============

からなんです。

 

「えっ、それだけ?」

 

はい、それだけなんです^^

 

どういうことかというと、

私は、その当時、オーストラリアの永住ビザの獲得を目指していました。

そして、その先で、オーストラリアの大学と大学院に進学して、

自然療法士(カイロプラクター)になることを目標としていたのです。

 

オーストラリアの大学に進学するには、

どうしても永住ビザが必要だったのです。

 

なぜかというと、余談ですが、

外国人だと、数千万円を超える学費が、

国の援助で、ありえないくらい安くなるのです。

 

その目的のために、働いていたのです。

 

なので、そんな過酷な環境にも関わらず、

精神的には健康で、幸福度も高かったのです。

 

では、どうしてそんなことに気づいたのかというと・・・

それは、日本に帰国すると決めた後のことなのですが、

 

向こうで、すでに4年も生活していたので、

帰国すると決めてから、実際に帰国するまで数ヶ月かかりました。

そして、その間も仕事を続けていたのですが・・・

 

なんと、

精神的に参ってしまい、

ストレスから、喉のつまり感がでて、

ついには、毎日吐き気を訴えるほどになってしまいました。

 

その間、とくに仕事内容などの変化は一切ありません。

 

では、何が変わったか?

 

それは、自分の「何のために働くのか?」の答えである、

「オーストラリアの大学を出て、自然療法士になって活躍する」

という、働く”目的”がなくなってしまったのです。

 

いや、正確にいうと、

働く目的が、”お金”と”義務”になってしまったのです。

 

何が言いたいかというと、

人が仕事が原因で健康を害するときというのは、

仕事の内容よりも、

仕事でのストレスよりも、

仕事をする目的がズレているときだということです。

 

仕事をする理由が、

「働かないといけない」

という”義務感”からきていたり、

 

「生活するにはお金が必要だし・・・」

という”お金”のためだったりすると、

 

人は、苦痛を感じ、体内でストレスホルモンを生成しだし、

ほっておくと、病気になってしまう

ということなんです。

 

逆に、少々過酷な環境であろうと、

ブラック企業であろうと、

働く目的が、ズレていなければ、

健康を害さない場合もある!

ということなんです。

 

それほど、仕事にしても、人生にしても、

「目的」が最重要

ということですね^^

 

それを、身を持って体験してきました^^

 

ということで、まとめると・・・

 

「あなたは、何のために働いていますか?」

 

この問いの答えが、「お金」や「義務」だとすると・・・

 

病人がいつまでたってもやめられない可能性が高くなりますし、

本来得られるはずの、

人生の”幸福度”も”満足度”も

グッと低くなってしまいます。

 

そこで、大切なことをお聞きしますね。

 

もし、あなたが一生、生活に困らないだけの

 

お金がすでにあったとしたら、

 

それでも働くのだとしたら・・・

 

「一体何のために働きますか?」

 

ここを、じっくり自分自身に問いかけてみてくださいね^^

将来の幸福度も、健康度も、これ次第で大きく変わってきますので。

 

ではでは、

 

今日はこの辺で

 
あっ!

 

健康を取り戻すための、

より詳しい「脳の仕組み」

下記のページで無料公開しています。

 

ご自身で健康をとりもどしたいという人は、

試してみるといいかもしれませんね。

 

期間限定なので、

この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

→詳しくはこちら

 

※こちらのページでお伝えしている内容は、健康でいるための「心のケア情報」です。医療的なアドバイスでありません。