こんにちは!

 

自己免疫疾患・膠原病・ガンなどの

 

「もう健康にはなれない・・・」と諦めかけた人が

 

「最短90日で病気をやめた”その先”で、”本当のじぶん”を生きる」

 

言葉(心理技術)と音で「病人をやめさせる専門家」常川 弘樹です。

 

今回は、私が普段から取り入れている

 

病気をやめて健康をとりもどす「健康法」を

 

お伝えさせていただきます。

 

今回は、「半日断食」です。

 

なにやら断食と聞くと、ストイックでキツイというイメージをされるかもしれません。

 

でも、この半日断食は、とてもお手軽に、

 

誰でも、今日から始められるんです。

 

そして、私の個人的な評価は・・・

 

 

効果  ☆☆☆☆☆(抜群)

 

即効性 ☆☆☆☆ (高)

 

難易度 ☆    (超簡単)

 

コスト マイナス★★★  (むしろ、お金が浮きます)

 

と、欠点は正直ありません。

 

では、早速、

 

どんなものなのか、

 

結論からお伝えすると・・・・

 

それは、

 

 

〇 。● ○. 。 〇 。● ○.

朝ご飯を食べない

〇 。● ○. 。 〇 。● ○.

 

以上です。

 

「うわー、ちょー簡単ですね!」

 

そうなんです!

 

めちゃくちゃ簡単なんです!

 

「でも、こんなことで健康になれるの?」

 

「朝ごはん食べないとダメだってテレビで言ってたし・・・」

 

ご安心ください。

 

これで、健康にグンと近づけますので。

 

では、なんで朝食を抜くと健康になれるのか説明しますね。

 

まず、この半日断食を提唱されたのは、故、医師の甲田光雄先生です。

 

断食療法の第一人者で、断食療法だけで、薬も手術もせずに、ガンの人を回復させたり、難病でもう治らないといわれた人を救ってきた人で、この世界ではとても有名な医師です。

 

では、まず、

 

なぜ、断食(ファスティング)すると、病気が消えたりと、健康になれるのでしょうか?

 

それは、免疫機能と大きく関わっています。

 

免疫機能とは、私たちが、病気にならないために、

 

また病気になった場合は、健康を取りもどすために、

 

24時間休まずに働いている、生命を維持する上でも最も重要な体の機能の一つです。

 

そこで、病気になる人や、いつまでたっても健康を取りもどせない人は、

 

免疫機能が落ちていることが容易に推測できますね。

 

では、この免疫機能をになっているのは、体のどの機関なんでしょうか?

 

勘のいい方は、分かったかもしれませんが、

 

そうです、腸なのです。

 

これは、結構知らない人が多いのですが、

 

これを知っているだけでも、

 

間違った「健康情報」に流されなくて済みます^^

 

さてさて、腸が免疫機能を担っているということが分ったところで、

 

では、なんで朝食を抜くと健康になれるんでしょう?

 

答えを言いますね。

 

それは、

 

朝食を抜くと免疫機能が上がからです。

 

「んんん?」

 

もう少し詳しく解説しますね。

 

腸が免疫機能を担っているのですが、

 

残念ながらほとんどの人は、腸の機能=免疫機能が弱っているようです。

 

なんででしょう?

 

それは、とても身近なことに関係してきます。

 

それは、

 

「食べ過ぎ」です。

 

はい、

 

人類は誕生以来ずっと「飢餓」と隣り合わせで生きてきました。

 

当然、身体も「食糧不足」に対応した造りになっております。

 

でもでも、

 

ここ数十年は、

 

世界中で食糧不足で悩んでいる人がいる一方、

 

私たち先進国に住む人間は、

 

逆に、食べるものが余っているという人類史上稀にみる異常事態(!?)に身を置いています。

 

なので、多くの人が毎日3食しっかりと食べています。

 

さらに、間食をする人も多いのではないでしょうか。

 

食べ物に困らないということは、

 

餓死する危険がないわけですから、

 

すごーく有難いんですが・・・・

 

一つ弊害が発生してしまいます。

 

それは・・・

 

さっき言った、

 

「食べ過ぎ」です。

 

ここでいう食べ過ぎと言うのは、大食いの人を言うのではなく、

 

原始時代から見ての食べ過ぎなので・・・

 

つまり、私もあなたも含めて、99%の日本人のことを言います^^

 

そして、食べ過ぎということは、

 

常に、腸がオーバーワークしているということです。

 

すると、腸が疲れてしまいます。

 

すると、機能が下がります。

 

すると、免疫機能も下がってしまうということに繋がってしまうのです。

 

これは、意外と知られてませんが、現代人の抱える大きな問題なのです。

 

そして、免疫機能が落ちるということは、=病気になりやすくなる

 

ということだったのです!

 

ガーン

 

ショックですよね?

 

気持は痛いほどわかります。

 

でも、ご安心ください!

 

そこで、免疫機能を上げるための超お手軽な秘策が、

 

朝食を食べない!

 

なのです^^

 

分っていただけましたでしょうか?

 

で、ここで、

 

せっかく私のブログなので、

 

脳科学×心理学の観点からも、

 

朝食を食べる弊害をお伝えしたいと思います。

 

ちなみに、

 

あなたは、朝食を・・・

 

①毎日食べる

 

②時々食べる

 

③めったに食べない

 

 

 

以前の私は・・・「①毎日食べる」でしが、今は、「③めったに食べない」です。

 

あなたはどれですか?

 

そこで、もし、あなたが以前の私と同じく「①毎日食べる」と回答したのであれば、

 

一つ聞かせてください。

 

「何のために朝食を食べますか?」

 

考えたことないかもしれませんが、自分に問いかけてくださいね。

 

はい、

 

答えが出ましたか?

 

その答えが・・・

 

「なんとなく習慣で」

 

「朝食は食べないといけないと教えられたから」

 

だったら・・・

 

正直言います。

 

アウトです!!

 

即刻やめてください。

 

その”理由”だと脳が身体にダメージを与えてしまいます。

 

もし、朝食を食べる理由が・・・

 

「私の作る朝食はおいしいから」

 

「朝から優雅な気分になれるから」

 

「家族で朝の団欒を過ごしたいから」

 

だったら

 

大丈夫です!

 

そのまま続けてください^^

 

半日断食の話も忘れてください!

 

「マジですよ!」

 

それは、「ある”脳”の動かし方」に理由があるのですが、

 

今回はそこには触れません。

 

随分と長くなりましたので、まとめますね。

 

朝食を食べる理由が、

 

「なんとなく習慣で」

 

「朝食は食べないといけないと教えられたから」

 

の人は、朝食を抜いた半日断食をすることで、

 

健康になれるでしょう!

 

とくに、免疫関係の症状はグッと軽くなることが期待できます。

 

詳しくは、甲田先生の著書「奇跡が起こる半日断食」を参考にしてください。

 

しかし、

 

朝食を食べる理由が、

 

「私の作る朝食はおいしいから」

 

「朝から優雅な気分になれるから」

 

「家族で朝の団欒を過ごしたいから」

 

という人は、脳科学×心理学から見ると、

 

半日断食すると、逆効果になるので、そのまま続けてくださいね^^

 

とても効果のある断食療法ですが、この”脳”の動かし方を無視して取り組むと、

 

「効果が出る人」と「効果が出なかった人」が発生しちゃうんです。

 

そして、さらに重要な落とし穴があるのですが・・・

 

また別の機会に書きましょう^^

 

ではでは、

 

お別れの前に、簡単に半日断食のやり方を紹介しておきます。

 

①朝食を抜きます。

 

②間食をやめます。

 

③昼食は腹八分

 

④夕食はいつも通りの量でOK

 

➄でも夕食は早めに済ませて、おそくとも就寝の2時間前までには終了する。

 

ぜひぜひ、試してみてくださいね。

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

まだ、今だけ無料のメール講座を受け取っていない人は、

 

下記からワンクリックで、通常有料のセッションでしか公開していない貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

メール講座・最短90日で「病人をやめる」ための
“具体的”で再現性の高い「5つのステップ」を受け取る

メルマガ