こんにちは!

 

ドイツで医師に指導したこともある

心と体の専門家・常川 弘樹です。

 

あなたは、今週はどんな一週間をすごされますか?

 

今日も病気をやめる上で、

 

と~っても大切なことをお伝えしますね^^

 

さて、ガンに「ありがとう」を言い続けたら治った。

 

という話を聞いたことありますか?

 

本当かどうかは分かりませんが、

 

そんなことがあっても不思議じゃないよね。

 

と思います。

 

なぜかというと、

 

病気がやめられない人の特徴として、

 

日常に「感謝」することが少ない

 

ということを感じているからです。

 

たしかに、変化のない毎日をすごしていると、

 

初めは「有難い」と思っていたことでも、

 

慣れてしまうと「あたりまえ」になってしまいます。

 

”脳”は慣れてしまうという習性があるので、

 

これは、どうしても避けられません。

 

しかし、

 

そのままほっておくと、

 

「ありがとう」と感謝の心を感じることが、

 

徐々に少なくなっていきますね。

 

すると、あなたの”脳”は・・・

 

「世の中には”感謝”に値することがとても少ない」

 

と勘違いしてしまいます。

 

そして、この状態に気づかずに年を重ねると、

 

何か不都合だと感じる出来事ばかりを引き寄せてしまい、

 

病気もやめられないという状態に

 

陥ってしまう危険があります。

 

そこで、今日は、

 

簡単に解決できる方法をお伝えしますね^^

 

それは・・・

 

=====================

とりあえず、意味もなく

「ありがとう」を連呼してみる

=====================

 

です。

 

心理学の世界では、

 

「感情はカタチに宿る」

 

と言われています。

 

つまり、初めは何も有難くなくても、

 

「ありがとう」を連呼することで、

 

自然と”感謝”の気持が湧き上がってくるのです。

 

「えー、それだけでいいの??」

 

はい、それだけでいいのです。

 

「感謝しなきゃ」と自分に感謝を強要しなくても、

 

とりあえず、「ありがとう」を口に出す。

 

もしくは、心のなかで「ありがとう」

 

それだけで、OKなんです^^

 

さらに言うと、

 

”脳”は、理由のないことを嫌うという習性があります。

 

とくに感謝を感じていないときでも、

 

「お母さん、ありがとう」

 

と口にすると・・・

 

”脳”は、

 

「え?? 何でお母さんに感謝してるの??」

 

「う~ん・・・(検索中)」

 

「あ、確かにあの時、親身に助けてくれたなぁ」

 

「そういえば、昨日もメールで優しい言葉をかけてくれたなぁ」

 

「あー、お母さん、ありがとう」

 

と勝手に理由を探し出します。

 

そして、ひとりでに納得します。

 

こんなことを、一日何回も繰り返したらどうなるでしょう?

 

あなたの”脳”は、

 

「この世の中は何て感謝で満ち溢れているのだろう」

 

と感じ始めます。

 

すると、あなたの人生はどのように変化すると思いますか??

 

そして、重要なのは、あなたが自由に選べるということです。

 

「感謝」に値することは滅多にないという毎日を選択するのも自由、

 

そこそこ「感謝」する毎日を選択するのも自由、

 

「感謝」であふれた毎日を選択するのも自由なんです。

 

あなたは、どんな未来を選択しますか?

 

さぁ、今日も自由自在に未来をデザインしていきましょう^^

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

まだ、今だけ無料のメール講座を受け取っていない人は、

 

下記からワンクリックで、通常有料のセッションでしか公開していない貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

メール講座・最短90日で「病人をやめる」ための
“具体的”で再現性の高い「5つのステップ」を受け取る

メルマガ