こんにちは!

 

ドイツで医師に指導したこともある

心と体の専門家・常川 弘樹です。

 

 

最近、クライアントさんと話してて、よく出る話題が、

 

「なぜか、怪我をするときは右側(左側)ばかり」

 

という話題です。

 

ここで、ちょっと、

あなたが最近でも過去にでもいいのですが、

怪我や病気、トラブルが起きたときを思い出してください・・・

 

ごめんなさい。

あまり思い出したくなかったかもしれませんね^^

 

そして、いきなりですが質問です。

 

その怪我や病気、トラブルは・・・

 

体のどちら側に多いですか?

左?

それとも、右??

 

私にだけこっそり教えてください^^

 

 

私は、過去に肺の病気を繰り返したのですが、

数年前まで、左側の胸がちょこちょこ痛んでいました。

 

そして、この「どちら側に怪我や病気が多いか?」

 

という質問から、”あること”が推測できるのです。

 

知りたいですか?

 

知りたいですよね・・・?

 

では・・・

早速、結論から言っちゃいましょう^^

 

それは・・・

 

〇 。● ○. 。 〇 。● ○. 。 〇 。● ○.〇。●

お父さんとお母さんとの関係が良好かどうか

〇 。● ○. 。 〇 。● ○. 。 〇 。● ○.〇。●

 

が分ってしまうんです^^

 

「えー! 怪我や病気の場所で、両親との関係が解るの!?」

 

「そんなわけないでしょ~」

 

いえいえ、これが結構な確率で当たるんです。

そして、この法則には、ちゃんと理由もありますので、

説明していきますね^^

 

まず、あなたの体の「右側」と「左側」ですが、

 

これは・・・

 

「右側=男性性」

 

「左側=女性性」

 

を表しています。

 

こう聞くと少しスピリチュアルに聞こえるかもしれませんね^^

 

でも、じつは科学的にも男性性と女性性が認められています。

例えば、それは、女性ホルモンと男性ホルモンです。

 

男性に女性ホルモンを注射すると、

女性らしい体に変化していくのも、

「女性性が増した」とも捉えられますね。

 

そして、女性にも男性ホルモンが(ごく微量ですが)必要ですし、

逆に、男性にも女性ホルモンは必要なのです。

 

つまり、

女性でも男性性を備えていますし、

男性でも女性性を備えているのです。

 

 

では、体との相関関係から解ることとは一体何でしょうか?

 

それは・・・

 

右側に怪我や病気の多い人は「男性性」に問題がある。

 

左側に怪我や病気の多い方は「女性性」に問題がある。

 

という可能性が高いということです。

 

 

「いやいや、もし、そうだとしても・・・。それと母親と父親は関係ないでしょう」

 

と思われますよね?

 

 

じつは、関係・・・

大ありなのです!!

 

もう少し詳しく解説しますね。

 

じつは、私たちは幼い頃に、

一生の人格を創り上げてしまうのですが・・・

 

その頃の、母親と父親との関係が、

私たちの「女性性」と「男性性」に

強く影響を及ぼしてしまうのです。

 

※実の母親や父親がいない人の場合は、母親代わりの人と父親代わりの人です。

 

なぜなら、幼い子供にとってみれば、

 

母親=世の中の女性の代表

 

父親=世の中の男性の代表

 

だからです。

 

 

そして、ここからが重要なのですが、

 

その、幼い頃の両親との関わりに、ある”ズレ”が生じると、

「男性性」や「女性性」に歪みを創ってしまいます。

 

 

例えば、女性の場合だと・・・

 

母親との幼い頃の関わりに”ズレ”がある女性は、

「女性性」に問題を抱えてしまい、

乳がんなど女性特有の病気になりやすいというデータがあります。

 

これは、妊娠・出産にも影響してきますので重要ですね。

 

父親との幼い頃の関わりに”ズレ”がある女性は、

男性との関係に不都合なことが起こりやすくなります。

 

 

男性の場合は、単純にこの逆で、

女性との関係に不都合が生じたり、

前立腺の病気を起こしたりします。

 

 

これは、母親や父親が、

 

「良い親だったかどうか?」

 

「ちゃんと愛情を注いでくれたか?」

 

実際にどんな両親だったかは、関係ありません。

 

そうではなくて・・・

 

幼い時のあなたが、

両親のことを、どう”解釈”したか?

によって決まってしまいます。

 

世間的には、とても愛情深く

良い両親のもとで育ったとしても、

 

あなたが

 

「本当はさみしかった」

 

「もっと構ってほしかった」

 

「もっと話を聞いてほしかった」

 

などの、「本当はこうして欲しかった」という

未解決な想いがのこってしまうと・・・

 

それが種となり、

病気や不妊症を引き起こしたり、

怪我を引き起こしたりするのです。

 

なので、両親が怪我や病気の原因ということではないので、

ここは誤解しないでくださいね^^

 

そして、最近増えている

女性特有の病気や、

不妊症との関係を、

もう少し詳しくお伝えすると・・・

 

実際に、乳がんや子宮の病気を抱えている女性の場合は・・・

 

お母さんとの関係に、

未解決な感情を抱えているケースが多く、

その未解決な感情を解消すると、

病気が消えてしまうということが起きます。

 

これは、病気という状態を自分で創り出していたのを、

自分自身で「やめた」ということなのですが、

 

実は、ほとんど知られていませんが、

私は、すべての病気は自分でやめることができると考えています。

 

もちろん、左側(右側)ばかり怪我する、

などのトラブルも自然と解消されるのです。

 

体は、怪我をしたり、病気をしたりすることで、

あなたに、何か大切なメッセージを伝えている。

 

あなたは、ただそのメッセージに耳を傾けて、

「どんな未解決な感情を抱えていたのだろう?」

 

自分自身に問いかけながら、怪我や病気の原因となった、

幼い頃の未解決な感情を丁寧に癒していく、

 

そんなプロセスが必要なのかもしれませんね。

 

そして、女性の場合、

お母さんとの関係に不完了があると、

妊娠することを無意識に拒否してしまうケースもあります。

 

子供が欲しいのに、なかなか授からない。

という場合は、

まず、この母との関係をクリアにして、

女性性を解放してあげる必要があります。

 

もちろん、不妊には、

それ以外の色々な要素が合わさっているのですが、

左ばかり怪我をする女性は、

早めに対処するのがいいかもしれませんね。

 

そして、このプロセスは健康だけではなく、

あなたの人間関係やお金との関係も豊かにします。

 

なぜなら・・・

実は、人間関係の問題も、お金の問題も、

すべては、過去の未解決な感情が原因

だからです。

 

なので、怪我や病気の多い人は、

例外なく、人間関係やお金の悩みも抱えています。

 

ちなみに、あなたは大丈夫ですか?

 

もし、怪我や病気だけでなく、

人間関係やお金の悩みも抱えているのであれば・・・

 

両親との関係をクリアにしたり、

過去の未解決を完了させることで・・・

 

あなたの抱える、すべての問題を解決させることが、

本当は可能なのかもしれませんね^^

 

 

 

では、

今日お伝えしたことを、まとめると・・・

 

あなたが、もし・・・

 

「左側ばかり怪我や病気を抱える人」

 

であれば、お母さんとの過去の関係を

洗い出してクリアにする必要があります。

女性でこれから妊娠・出産を希望する場合は必須ですね。

 

 

「右側ばかり怪我や病気を抱える人」

 

であれば、お父さんとの過去の関係を

洗い出してクリアにする必要があります。

 

 

過去の”未解決”を完了させることで、

初めてあなたは、あなた本来のじぶんで、

「今ここ」を生きることができるのです。

 

怪我や病気は、あなたの体からの「そろそろ解消してね」

というメッセージなのです。

 

そして、このプロセスがあなたの将来的な

病気のリスクを回避することにも繋がりますし、

 

現在抱えている病気をやめて

すぐにでも健康を取りもどすことにも繋がるのです。

 

そして、その先に待っているのは、

「健康も、人間関係も、お金も思い通り!」

 

そんな、自由自在な未来なのです^^

 

 

この記事が、あなたの人生を

ちょっぴり豊かにしますように。

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

健康を取り戻すための、

より詳しい「脳の仕組み」

下記のページで無料公開しています。

 

ご自身で健康をとりもどしたいという人は、

試してみるといいかもしれませんね。

 

期間限定なので、

この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

===============

<<期間限定公開>>

病気を卒業するための7つのステップ

→→クリックして無料で受けとる←←

===============

 

※こちらのページでお伝えしている内容は、健康でいるための「心のケア情報」です。医療的なアドバイスでありません。