こんにちは!

 

ドイツで医師に指導したこともある

心と体の専門家・常川 弘樹です。

 

今日も、あなたが「病気をやめて」健康を取りもどすための、

ヒントをお伝えしていきますね。

 

さて、今回は、

なぜ「病気を治す」ではなく「病気をやめる」なのか?

についてお話ししたいと思います。

 

※今日も、「医学や科学で証明できることしか信じない」と言う人は、

この先は絶対に読まないでくださいね^^

 

 

さて、本題に入りましょう。

 

よく「”病気をやめる”って面白い表現しますね。」

と言われることがあります。

 

あなたも、もしかしたら「なんで、病気を治すじゃないんだろう?」

と疑問に思っていたかもしれません。

 

早速、なぜ「やめる」なのか?

 

結論からお伝えすると・・・

 

 

〇 。● ○. 。 〇 。● ○.。〇。● ○.。〇。● ○.○.。.。〇

病気は自分で創り出したものだから、自分でやめることができる

〇 。● ○. 。 〇 。● ○.。〇。● ○.。〇。● ○.。〇。.。〇

 

からです。

 

これは、言葉と心理技術だけで病気をやめて健康を取りもどす技術の

創案者の梯谷 幸司(ハシガイ コウジ)氏の持論です。

 

※私は、梯谷氏より学んだ「病気をやめさせる」心理技術を、

最先端の療法と組み合わせて心と体の両面から病気をやめるプログラムとして提供しています。

 

この梯谷氏の理論では、医学とは、180度違った観点から病気の本質をとらえています。

 

実際に、多くの難病を抱えた方がぞくぞくと病気をやめている事実からも、

見事に病気の本質を捉え、原因を解消しているということがわかります。

 

少し詳しく説明すると、

病気は、何か心因的な要因が引き金となり、

脳から身体に送られる信号に「ノイズ」が入り、

身体からでるホルモン物質などに異常がでる・・・

 

すると、免疫機能が正常に働かなくなり、

結果的に、病気を創ってしまう。

 

メカニズムはともかくとして、

 

======================

”脳”が病気を創り出している

======================

ということです。

 

ということは、”脳”の動かし方を、

 

「病気になる動かし方」⇒「健康になる動かし方」

 

に調整してあげると、

自然と病気は新陳代謝とともに消えていくのです。

 

これが、

 

〇 。● ○. 。 〇 。● ○.。〇。● ○.。〇。● ○.○.。.。〇

病気は自分で創り出したものだから、自分でやめることができる

〇 。● ○. 。 〇 。● ○.。〇。● ○.。〇。● ○.。〇。.。〇

 

という言葉の意味です。

 

この方法には、さらに大きなメリットがあって、

薬や手術に頼りませんので、

痛みやストレスとは無縁ですし、

 

食事や運動などの制限もありませんので、

我慢や努力とも無縁です。

 

さらに、(当たり前ですが)病院での治療を続けたままで、

医学とは別の角度から、病気の原因を解消することができるので、

ほぼ「ノーリスク」で取り組めるのです。

 

色々な療法やセラピーを見てきましたが、

正直、ここまで本質(原因)に直接アプローチする方法は、

私の知る限りでは、他にありません。

 

つくづく、すごい技術だなぁ~と思います。

 

あら、

 

気が付いたら褒めまくりでしたね。

 

ちょっと、いつもとは違うお話になりましたが、

 

もし、あなたが・・・

ガン・自己免疫疾患(関節リウマチなど)を抱えていて、

それでも、主体的に「病気をやめたい」という意思のある人でしたら、

間違いなく、この技術が力になれることでしょう。

 

詳しく知りたい人は、今だけ無料のメール講座

情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

メール講座・最短90日で病気をやめるための
“具体的”で再現性の高い「5つのステップ」を受け取る

メルマガ