こんにちは!

 

ドイツで医師に指導したこともある

心と体の専門家・常川 弘樹です。

今日は、10月にも関わらず夏日でクーラーを入れるか悩んでいます^^

 

あなたの場所はいかがですか?

 

さて、今日は、

 

脳科学と心理学の観点から”病気”の本当の原因にせまるシリーズなので、

 

医学や科学で証明できることしか信じないという人は、

 

あなたの貴重な時間を無駄にしないためにも、

 

この先は絶対に読まないでくださいね^^

 

では、本題に入っていきましょう。

 

最近、免疫系の病気の方のご相談がとくに増えてきているのですが、

 

<strong>「SLE(全身性エリテマトーデス)」</strong>について調べていたら

 

興味深いことに気づきましたのでシェアしますね^^

 

まず、SLE(全身性エリテマトーデス)とは膠原病の一種で、

 

前々回に紹介した「関節リウマチ(リュウマチ)」と同じく、

 

本来自分を守るはずの、全身の免疫細胞が

 

自分自身の関節や臓器などを攻撃することで、

 

引き起こされる様々な症状のことをいいます。

 

現代医学では、原因が分かっておらず、

 

根本的な治療が難しい難病に指定されています。

 

では、このSLE(全身性エリテマトーデス)の

 

脳科学と心理学の観点から観た”原因”とは何でしょうか?

 

これは、自分を守るはずの免疫細胞が、

 

自分自身を攻撃しているということから、

 

 

〇 。● ○. 。 〇 。● ○.〇 。

罪悪感を抱えていて・・・

自分を責めている。

自分を許していない。

〇 。● ○. 。 〇 。● ○.〇 。

 

ということが推測できます。

 

これは、すべての膠原病に共通するのではないでしょうか。

 

詳しくは、「膠原病(関節リウマチ)の記事」をお読んでみてくださいね。

 

そして、今回調べていて、興味深いなぁと思ったのが・・・

 

アメリカでの調査によると、

 

SLEは、白人には比較的少なく、

 

アフリカ系アメリカ人(黒人)などの有色人種に多いということです。

 

これだけ聞くと、

 

多くの人は、黒人(などの有色人種)の人の遺伝子に問題があるんじゃないか?

 

と思われるかもしれません。

 

しかし、アメリカ国内での黒人の人の立場を考えると、

 

黒人の人が、白人よりもSLEになる確率が高いいうのも納得がいきます。

 

どういうことかというと、

 

少なからず差別的な立場に置かれることで、

 

「自分は劣っているんだ」

 

と、無意識の内に信じ込んでしまい、

 

自分を責めてしまう傾向があるのではないかと思うからです。

 

私も、実際に4年以上の海外暮らしの経験があるのですが、

 

やはり白人国家では、有色人種の人は大なり小なりの、

 

差別を受けた経験がある人が圧倒的に多いはずです。

 

そういうことを考えると、人種におけるDNAレベルの病気ではなく、

 

環境要因によって生み出される「心の問題」が原因で

 

創られる病気であることが推測できますね^^

 

もちろん、私の勝手な分析なので、

 

真に受けないでくださいね。

 

この先、このあたりのメカニズムも

 

実際のセッションを通じて、

 

明らかにしていきたいと思います。

 

また、興味深いことがあれば、

 

どんどんシェアしていきますね^^

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

まだ、今だけ無料のメール講座を受け取っていない人は、

 

下記からワンクリックで、通常有料のセッションでしか公開していない貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

メール講座・最短90日で「病人をやめる」ための
“具体的”で再現性の高い「5つのステップ」を受け取る

メルマガ