こんにちは!

 

ドイツで医師に指導したこともある

心と体の専門家・常川 弘樹です。

 

今日も、あなたが「病気をやめる」ためのヒントをお伝えしていきますね。

 

先日、セッション中にご相談の方がおっしゃった一言・・・

 

「私、専業主婦の人を見ると、なぜかイラッとするんです。」

 

この人は、ほぼフルタイムでお仕事をされながら、

育児と家事を両立されている人でした。

 

ここで、あなたに問題です。

 

なぜ、この人が、専業主婦の人に

”ネガティブな感情”を抱いていたかわかりますか?

 

いきなり答えからいいますね。

 

それは・・・

 

=========================

育児をしながら働くことに、

本当は100%納得していなかった。

=========================

からです。

 

どういうことか説明していきますね。

 

育児と仕事を両立するのは、

とても凄いことだと思います。

 

どちらか一方でも大変なのに、

両方フルでこなすなんて、

本当に、働くお母さんはすごいなぁ~と感心します。

 

でも、ここで重要になってくるのが、

「働く理由」なんです。

 

もし、会社から言われて働いていたり、

夫から言われて働いていたりした場合・・・

 

潜在的には、

わたしは、本当は働きたくない・・・

でも、働かされている。

 

という受け身の状態になってしまいます。

 

この状態では、自分が働くことに100%納得していませんので、

働いていない人(専業主婦)をみると、

 

「私は、嫌でも働いているのに、働かないなんてズルい!」

といった解釈になってしまうのです。

 

これは、顕在意識(表の意識)には上がってきませんので、

普通にしてると、なかなか自分では気づきません。

 

なので、なぜか分からないけど・・・

専業主婦の人をみるとイラッとする。

といったことになるのです。

 

でも、ご安心ください!解決するのは、とても簡単です^^

 

これに気づいてさえしまえば、

あとは、ちゃんと自分自身で決めればいいだけなんです。

 

そのまま、育児と仕事を両立するのも自分次第だし、

仕事を減らして、働く時間を短くするのも自分次第なんです。

 

一番大切なのは、自分が100%納得して、

自分で、自分の決断を責任をもってする。

ということなんです。

 

結局、そのご相談者の人は、

会社から人手不足だといわれて、

自分の望む以上の時間を

仕事に充てていた(受け身だった)

ということに気づかれて、

会社と話あって、お仕事の時間を減らすという選択をされました。

 

すべてが、自分の希望通りにいくとは限りません。

 

ただ、その中でも、自分の希望を初めから押し殺すのではなく、

今の目の前の状況と”折り合いをつけていく”ということが、

大切なのかもしれませんね^^

 

もし、あなたが、本当は自分の希望とは違うけど、

我慢してやっていることがあれば、

何とか自分の希望もそこにフィットできないか?

 

ちょっと、考えて、行動してみてくださいね。

小さな一歩があなたの人生をより豊かにするかもしれませんよ。

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

まだ、今だけ無料のメール講座を受け取っていない人は、

 

下記からワンクリックで、通常有料のセッションでしか公開していない貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

メール講座・最短90日で「病人をやめる」ための
“具体的”で再現性の高い「5つのステップ」を受け取る

メルマガ