こんにちは!

 

自己免疫疾患・膠原病・ガンなどの

 

「もう健康にはなれない・・・」と諦めかけた人が

 

「最短90日で病気をやめた”その先”で、”本当のじぶん”を生きる」

 

言葉(心理技術)と音で「病人をやめさせる専門家」常川 弘樹です。

 

今日も、あなたが「病気をやめる」ためのヒントをお伝えしていきますね。

 

さて、ここのところ一気に冬らしい気温になってきましたね。

 

あなたは、いかがおすごしですか?

 

さて、あなたは「幸福度ランキング」というものを見たことがありますか?

 

国連が世界155か国を対象に、

 

国別の幸せ度を順位付けして発表しているのですが、

 

そこで、2017年に発表されたランキングで、

 

一体、日本は155ヵ国中、何位だと思いますか?

 

ちなみに、日本のGDP(国民総生産)は現在、世界第3位です。

 

「てことは、そこそこ高いんじゃない?」

 

「いや、でも日本人は働きすぎだし、低いんじゃない?」

 

色々、思われるでしょう。

 

では、答えをいいますね。

 

それは、

 

========

51位でした

========

 

「えー、そんなに低いの!?」

 

「まぁ、そんなもんでしょう。」

 

あなたはどう感じられましたか?

 

これを高いとみるか、

 

低いとみるかは、

 

人それぞれですが・・・

 

GDPが世界第3位なのに、

 

幸せ度は51位ということは、

 

経済的豊かさと、幸福度は比例しないということなんですね。

 

先日も、「年収は700万を超えると幸福度は変わらない」

 

という話を耳にしました。

 

ある一定の年収を超えると、

 

その先はいくら稼いでも

 

幸福度には影響しないということなんです。

 

そこで、私たちはこれから

 

どこを目指していくと良いのでしょうか?

 

経済の再発展でしょうか?

 

それでは、国の経済力は上がるかもしれませんが、

 

個人の幸福度は上がらないということが、

 

すでに証明されているようです。

 

そして、高度経済成長期の頃につくられた、

 

「こうあるべき」

 

「こうあってはならない」

 

という固定観念が

 

今の時代に合わなくなってきているのにも関わらず、

 

そこに囚われてしまっているがゆえに、

 

病気を発生させているという人が、

 

とても多い様に感じます。

 

じつは、もう時代は変わっているんですね。

 

「いかに社会の歯車として、経済発展に寄与するか?」

 

というところから、

 

「いかに、自分の個性を生かし、人々の幸福度に貢献するか?」

 

というところに、

 

”価値”がシフトしているのですね^^

 

そこに気づかずに、古い観念に固執してしまうと・・・

 

これでは、健康でいるのはとても難しいでしょう。

 

ということで、

 

病気をやめて健康を取りもどすためにも・・・

 

自分らしく自由に生きるためにも・・・

 

幸福度の高い人生を手に入れるためにも・・・

 

「私は、本当は何がやりたいのか?」

 

「私は、どんな価値を世の中に提供するために生まれてきたのか?」

 

ということを自分に問いかけてみてください。

 

もう、あたらしい時代の流れはすでにやって来ています。

 

これからは、自由に「本当のあなた」を表現していって良いんです^^

 

さぁ、今日はどんな現実を創造しますか?

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

まだ、今だけ無料のメール講座を受け取っていない人は、

 

下記からワンクリックで、通常有料のセッションでしか公開していない貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

メール講座・最短90日で「病人をやめる」ための
“具体的”で再現性の高い「5つのステップ」を受け取る

メルマガ

※いつでもワンクリックで解除が可能です。
※メールアドレスは個人情報保護方針に従い適正に管理します。