こんにちは!

 

ドイツで医師に指導したこともある

心と体の専門家・常川 弘樹です。

 

今日も、あなたが「病気をやめる」ためのヒントをお伝えしていきますね。

 

さて、突然ですが・・・

 

あなたは、現在の”自分”に満足していますか?

 

私の話に耳を傾けているということは、

あなたは、もしかしたら健康問題を抱えていて、

現在の”自分”には、満足していない人かもしれません。

 

そこで、今日お伝えしたいのは・・・

 

「足るを知る」

 

ということです。

 

「???」

 

はい、解説していきますね^^

 

「足るを知る」とは、「老子」の中の「知足者富」という言葉に由来します。

 

「知足者富」とは、

「足るを知る者は富む」ということで、

 

一般的には・・・

 

欲深くならずに分相応のところで満足することができる者は、心が富んで豊かであるということ。

と解釈されています。

 

なんですが、

今日はちょっと違った角度から「老子」の言葉を解釈してみましょう。

 

「足るを知る」

 

この言葉を聞いて、

私は、これは健康を取りもどすのに大切なポイントだぁと感じました。

 

なぜなら、いつまで経っても

健康を取りもどせない人の特徴として、

 

==================

自分自身が足りていない

==================

 

という前提で動いている人が圧倒的に多いからです。

 

いくつか例をあげると・・・

 

「私は、健康な人と比べて、生まれつき体が弱い」

 

「私の家系は、ガン家系だ。」

 

「私は、もう高齢だから治らない」

 

とこんな感じです。

 

じつは、これらは単なる”信じ込み”です。

 

つまり、本人がそう信じているから、現実がそのようになっている。

ただ、それだけなのです。

 

上の例で言うと、「ウチはガン家系だから」というのは、

「生まれつき遺伝子に問題がある」と言っているのです。

 

つまり、健康を維持するのに、

何か遺伝子レベルで”足りない”ことがある。

という信じ込みです。

 

※最新の遺伝子研究では遺伝子(DNA)は環境要因で8割も変化することが判明しています。

 

また、

「私は、もう高齢だから治らない」というのは、

自然治癒力が衰えて”足りていない”と信じ込んでいるのです。

 

これも、いくつになっても年齢に関係なく、

毎日細胞が入れ替わっているということを考えれば、

単なる信じ込みに過ぎないと分りますね^^

 

そこで、これらの病気がいつまでもつづく”信じ込み”を解消して

速やかに健康を取りもどす術こそが、

「足るを知る」ことだったのです。

 

「自分は足りない」といつまでも信じていたら、

その足りない何かを埋めることに、

あなたの大切な時間とエネルギーを注ぐでしょう。

 

そして、その足りない何かを”埋める”という行為からは、

結局、補うばかりで、何も得られないのかも知れません。

 

そして、

 

自分には何かが”足りていない”から病気になった。

何かが”足りない”から健康にはなれない。

 

という”信じ込み”を抱えたまま

「病気をやめて」健康を取りもどすのは、

とても難しいのです。

 

でも、ちょっと立ち止まって冷静に答えてみてください・・

 

「そもそも、足りない証拠はありますか?」

 

いや、じつは、そんなことなかった・・・

単なる信じ込みに過ぎなかった・・・

と気付くかもしれませんね^^

 

最後に、まとめると・・・

 

自分はすでに足りている。

自分はすでに充分な人間だ。

と「足るを知る」ことから、

 

健康を取りもどすプロセスが始まり・・・

 

本来、あなたが得られたであろう

「健康」と「幸福な毎日」を

取りもどすことができますよ!

 

そんなことを「老子」の言葉を別の解釈からみると、

言ってくれているのかもしれませんね^^

 

「足るを知る」ことから、本当の幸せが得られる。

そして、「足るを知る」ことから本当の健康を得られる。

 

というお話しでした^^

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

健康を取り戻すための、

より詳しい「脳の仕組み」

下記のページで無料公開しています。

 

ご自身で健康をとりもどしたいという人は、

試してみるといいかもしれませんね。

 

期間限定なので、

この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

→詳しくはこちら

 

※こちらのページでお伝えしている内容は、健康でいるための「心のケア情報」です。医療的なアドバイスでありません。