こんにちは!

 

ドイツで医師に指導したこともある

心と体の専門家・常川 弘樹です。

今日はまたまた雨です^^

 

昨日テレビで野球をみたら、ビショビショのグランドで試合していました。

 

さすがに、今日は中止になったみたいですが^^

 

あなたはどんな一日をすごされましたか?

 

さて、

 

昨日、幸福の種類によって

 

免疫細胞の遺伝子スイッチが変化する

 

というお話をしました。

 

⇒昨日の記事

 

今日は、それに関してもう一つお伝えします。

 

情報元の記事によると

 

カリフォルニア大学のスティーヴ・コール博士による研究では、

 

強い孤独感は、心臓病、アルツハイマー病、関節炎など、炎症を伴う病気のリスクを上昇させ、さらにウイルス性の風邪などにかかりやすくなる

そうです。

 

そして、さらに興味深いのは、

 

「どれだけ社会から疎外されているか」という客観的な事実ではなく、「本人がどれだけ孤独を感じているか」という主観的な感情のほうが免疫細胞との関連性が強かった

 

ということです。

 

どういうことかというと、

 

本人が「孤独」だと感じている場合は免疫力が落ち、

 

病気のリスクが高まるのですが、

 

それはあくまで、本人の「感じ方=解釈」次第だということです。

 

ということは、

 

家族に恵まれて、仕事でも多くの人と接する

 

一見すると、孤独とは無縁の人でも、

 

本人が「孤独だ」と感じていたら(=解釈していたら)

 

病気のリスクが高まるのです。

 

これは、私もセッションの時に強く感じることで、

 

重要なのは”事実”ではなく”解釈”なのです。

 

つまり、目の前の現実に間違った”解釈”をしてしまうこと、

 

それこそが、病気を創る原因となってしまうということです。

 

あなたの目の前の現実は、実に、あなたが過去の出来事に

 

「どういう解釈をしたか?」

 

それによって自ら創り出しているのです。

 

先ほどの、コール博士の研究結果は、

 

「現実は解釈に依存する」

 

ということを見事に証明していますね^^

 

さて、あなたは、

 

今日あなたの身に起きた出来事に

 

どんな解釈を付けましたか?

 

より良い未来を創る”解釈”でしたか?

 

それとも、

 

健康を失うような”解釈”ではなかったですか?

 

ちょっと、一日の終わりに振り返ってみてください。

 

そして、寝る前に”解釈”を調整してから寝ると、

 

明日は、きっとより良い一日になるはずですから^^

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

まだ、今だけ無料のメール講座を受け取っていない人は、

 

下記からワンクリックで、通常有料のセッションでしか公開していない貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

メール講座・最短90日で「病人をやめる」ための
“具体的”で再現性の高い「5つのステップ」を受け取る

メルマガ