こんにちは!

 

自己免疫疾患・膠原病・ガンなどの

 

「もう健康にはなれない・・・」と諦めかけた人が

 

「最短90日で病気をやめた”その先”で、”本当のじぶん”を生きる」

 

言葉(心理技術)と音で「病人をやめさせる専門家」常川 弘樹です。

今日は雨の日曜日です^^

 

たまには、雨の休日もいいですね。

 

あなたはどんな日曜日をすごされますか?

 

さて、

 

先日、あるブログの記事で

 

興味深いことを見つけたのでシェアしますね^^

 

それは、簡単にいうと、

 

幸福には2つの種類があって

 

その種類によって、

 

「健康」と「病気」が分れるという記事でした。

 

どういうことかというと、

 

今までは、「幸福」を感じる状態に置かれると、

 

免疫細胞が活性化されて、健康になると思われていたのですが、

 

カリフォルニア大学のスティーヴ・コール博士による研究では、

 

どうやら、”幸福の種類”によっては、

 

逆に、免疫細胞が遺伝子レベルで衰退する

 

ということが発見されたそうです。

 

これは、衝撃ですね。

 

「幸福」を感じていても、それが免疫を低下させること(=病気のリスクを高めること)

 

に繋がってしまう可能性があるということです。

 

では、その気になる、

 

2種類の”幸福”とは何でしょうか?

 

それは・・・

 

①快楽主義的な自己満足による幸せ

 

(例)「美味しいものを食べる」など

 

 

と、

 

 

②自己満足を超えた、深い満足感を伴う幸せ

 

(例)「社会に貢献する」「人間的に成長する」など

 

 

の、2つだそうです。

 

では、どちらの”幸せ”が免疫系を強化して、

 

どちらの”幸せ”が免疫系を弱体化させるのでしょうか?

 

なんとなく予想はつきますね^^

 

はい、もちろん・・・

 

①の短期的な自己満足では、免疫細胞が活性化するどころか、

 

遺伝子レベルで低下し、病気のリスクが高まるそうです。

 

つまり、免疫系を弱体化する。

 

それ対して、

 

②の自己満足をこえた社会的な幸福や

 

人生という長いスパンで意味を見出すような幸福では、

 

炎症反応に関連する遺伝子が抑えられ、

 

抗ウイルス反応に関連する遺伝子はより活性化されるそうです。

 

つまり、免疫系を強化する。

 

これは、かなり重要な研究結果だと感じています。

 

目先の”幸せ”を追い求めても永遠に満たされることはなく、

 

むしろ、空虚感ばかりが募ってしまうことからも頷けますね。

 

そして、日々のセッションの中で私が感じている、

 

病気の人は、「治った後にどうしたいか?」が明確じゃない、

 

ということにも通じます。

 

この質問をすると、ほとんどの人から、

 

「う~ん、・・・・」

 

「あえていうなら、旅行にいくことかなぁ・・・」

 

といった具合の答えが返ってきます。

 

これでは、せいぜい目先の幸せしか得られませんので、

 

病気をやめる強い”動機”にはなりません。

 

やはり、病気をやめたあとに、

 

「人生でこれを成し遂げる」

 

といった《生きる目的》を見出すことが、

 

病気をやめるほどの強い”動機”になるのです。

 

これは、かなり重要な点なのですが、

 

それが、研究で明らかになっているというのは、

 

嬉しい事実ですね^^

 

さぁ、あなたは自由です。

 

「目先の幸せ」を追い求めて免疫の遺伝子スイッチをOFFにするのか・・・

 

「本当の幸せ」を追い求めて免疫の遺伝子スイッチをONにするのか・・・

 

あなたはどちらを選択しますか?

 

あなたの明日が今日よりも豊かになりますように^^

 

では、今日はこの辺で・・・

 

あっ!

 

まだ、今だけ無料のメール講座を受け取っていない人は、

 

下記からワンクリックで、通常有料のセッションでしか公開していない貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

メール講座・最短90日で「病人をやめる」ための
“具体的”で再現性の高い「5つのステップ」を受け取る

メルマガ