こんにちは!

 

何年も妊活を続けているのに子宝に恵まれない・・

持病があるから出産できない・・・

「私は、もう出産は無理かも・・・」と諦めかけた人が

不妊をやめた”その先”で、子供を健康で幸せにする母になる!

 

言葉と音で不妊をやめさせる専門家・常川 弘樹です。

 

今日も、あなたが「不妊をやめる」ためのヒントをお伝えしていきますね。

 

今日も「科学や医学で解明されていることしか信じない!」

という人は、絶対に読まないでくださいね^^

 

さて、

 

「不妊治療はやめどきが難しい」

 

と、良く言われますね。

 

でも、

 

「不妊治療をやめたとたんに自然妊娠した」

 

そんな話をよく耳にしませんか?

 

ネット上にもそんな話を度々目にします。

 

では、なぜ、

いくら不妊治療をしても妊娠しなかった人が、

不妊治療をやめたとたんに妊娠・・・

なんてことが度々起きるのでしょうか??

 

今日は、これを心理学と脳科学の観点から、

明らかにしていきますね^^

 

この記事を読んでいるということは、

あなたは、もしかしたら、

現在も不妊治療を続けられている人かもしれません。

 

そして、そろそろ、

「やめどき」を模索しているかもしれません。

 

不妊治療をやめるというのは、

とても勇気がいることでしょう。

 

その一つの決断が、

人生を決める大きな決断になるかもしれませんから。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

「不妊治療をやめる=妊娠・出産をあきらめる」

 

という公式は間違いではないでしょうか?

 

 

そして、実際には、

不妊治療をやめてから妊娠した

という人も多数いらっしゃるようです。

 

そのような人からすれば、

「不妊治療をやめる=妊娠すること」

になってしまうんですね。

 

不思議なもので、

治療さえも、その人の経験によって、

解釈が180度変わってしまうんですね。

 

では、なぜ、

ある種の人には、不妊治療をやめることが、

逆に、妊娠することに繋がるのでしょうか?

 

「そんなの、たまたまでしょ?」

 

そう思われるかもしれません。

 

確かに、たまたまの人もいるでしょう。

 

そして、そんな「偶然」も、

心理学と脳科学の観点から観ると

答えが見えてきます。

 

その答えとは・・・

 

結論から言いますね。

 

それは・・・

 

==============

執着を手放したから

==============

 

なんです。

 

「????」

 

はい、わかりやすくお伝えしますね^^

 

仮に、妊活をはじめて1年たっても

子供ができなかったカップルがいたとして、

「じゃあ、そろそろ治療をしようか・・・」と、

不妊治療を始めたとしましょう。

 

不妊治療を始めた当初は、

「早く妊娠したいなぁ~」

という願望くらいだったとしましょう。

 

でも、

1年、2年と時が過ぎ・・・

治療にかけた総額も、

100万、200万とかさむ一方・・・

 

そうなると、

当初は比較的、軽い願望だったのが、

どんどん重みを増していきます。

 

「早く妊娠したいなぁ~」⇒「絶対に妊娠したい!!」

 

こうなると、願望が執着となっていきます。

 

そして、執着が重くなればなるほど・・・

願望が叶うのが難しくなっていきます。

 

ここで、ちょっと振り返っていただきたいのですが?

 

あなたが過去に、

「絶対にこうしたい!」

という強い願望は叶いましたか?

 

叶ったとしたら、

それは簡単に叶いましたか?

 

もしかしたら、

なかなか叶わなかったかもしれません。

 

では、逆に

「どっちでもいい」というくらいの

軽い願望はどうでしたか?

 

案外あっさりと叶っていませんか?

 

そうなんです。

 

じつは、心理学と脳科学から見ると、

願望に執着すれば、するほど、

叶いにくくなってしまうのです。

 

なぜなら、

「絶対に○○したい!」

という強い願望の裏には、

 

じつは、「簡単にはそうならない」

という想いがあるからです。

 

もし、

「そうなるのが当たり前」

という感覚があると、

「絶対に○○する!」

という強~い願望は出てこないですよね?

 

ということで、

話をさっきのカップルに戻すと、

 

だんだん願望が重くなってきて、

「絶体に妊娠したい!!」

となってしまった状態というのは、

 

潜在意識では、

「妊娠するのは難しい」

という信じ込みが強化されている状態なのです。

 

潜在意識はあなたの普段の思考や行動の

90%以上をコントロールしていますので、

残念ながら、この状態では、

治療を成功させて妊娠するのは、

とても難しいのがわかりますね。

 

この状態では、せっかくの高額な医療行為も無駄に終わってしまいます。

 

では、このカップルが5年間の不妊治療の末、

 

「やれることは全部やった」

 

「夫婦2人での人生を楽しもう」

 

と気持ちもすっかり整理つき、

晴れ晴れと不妊治療をやめたらどうでしょう?

 

気持ちの整理も済んでいるので、

「絶対に妊娠したい!!」

という願望が消えて、

 

「妊娠してもしなくても、どっちでもいい。」

という状態になりますよね?

 

するとどうでしょう?

 

もうお分かりですね!

 

この状態は、心理学と脳科学的にみると、

願望がとても叶いやすい状態になるのです^^

 

「やれることは全部やったから後悔はない。

だから、もう、子供がいても、子供がいなくても、

どっちでもいい。(でも、どうせなら子供がいる方がいいかな)」

 

運よくこの状態に入ったカップルが、

その後も夫婦生活を続けていると、

自然妊娠する確率はとても高くなる。

 

それが心理学と脳科学から観た事実なんですね。

 

だから、

不妊治療をやめたとたんに

妊娠する人がいるというのは、

なんら不思議ではないんですね^^

 

ということで、

 

まとめると、

「不妊治療をやめる=妊娠をあきらめる」

というのは、全員には当てはまらない。

 

なかには、

 

不妊治療をやめる=妊娠へのパスポートを手に入れること

 

条件が整えば、そうなることもあるんです^^

 

今日のお話が、

あなたの豊かな未来を創るヒントになりますように!

 

ではでは

 

あっ!

 

もしかしたら、

無料のメール講座が、

あなたが最短で不妊をやめるための

ヒントになるかもしれません。

 

下記からワンクリックで、

通常有料のセッションでしか公開していない

貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

不妊治療なしで無理なく自然妊娠するための「7つのステップ」で受け取る

メルマガ